タイ・バンコクの夜は熱気乱舞!素敵なバンコクの夜はウッドボールでキマリ

タイ・バンコクの夜は熱気乱舞!素敵なバンコクの夜はウッドボールでキマリ

 20013年6月26日からバンコク(タイ)を訪れさせてもらっています。日本人の海外渡航国で6番目(137万1,253人・2012年)に多いASEANの中心国タイは、暑い南国の気候と熱い夜の人気スポットでも楽しめる国です。

 まず、エカマイバスターミナルの隣にあるゲートウェイを訪れています。テーマはずばり日本というこの施設は2012年7月にオープンしています。BTSエカマイ駅と直結しており、本格的な和食店からラーメン店、丼物店など多種多様な日本料理店、ツルハドラック、ダイソー、エイチ・アイ・エス、紀伊国屋書店、東京堂書店、フードコート、24時間営業のマックスバリュなどあります。館内は日本をイメージする季節感を表現した内装で、鳥居や仏閣をイメージしたものがあります。休日だったこの日は、イベントスペースでコスプレイベントが行われていました。

 バンコクのナイトスポットは、パッポン通り、ナナプラザ、ソイカウボーイなどが有名です。パッポン通り近くには世界一日本人クラブ密集地のタニヤ通りがあります。今回、タニヤ通り最寄りのBTSサラデーン駅近くの出版社を訪問させてもらったので、その帰りに約10年ぶりにタニヤ通りを歩きました。10年前は、まだ海外の日本人クラブ街を知らなかったので比較対象がなかったのですが、改めて歩くとその規模に驚かされます。店外に店のスタッフが並び盛んに呼び込みをしています。

 なぜ驚いたかというと、中国では、店外での呼び込みは原則禁止のためこの光景は中国では見ることがありません。そんな光景を見ながら通りを歩いていると、猛烈なスコールが降ってきたため呼びこみをしていたスタッフたちは、楽しそうにキャーキャー言いながらあっという間に店内へと消えていきました。夜遊好きには飽きないスポットの1つでしょう。

 バンコクを歩いていると街中にセブン-イレブンがあります。実はタイのセブン-イレブンは店舗数世界3位だったりします。「1位日本 15,504店、2位アメリカ 8,144店、3位タイ 7,210店(2013年6月末)」

 中には道を挟んだ対面にあったりと日本より密集している印象を受けます。独走するセブン-イレブンを後発のファミリーマートとローソンが追随しています。バンコクを訪れたらセブン-イレブンなどのコンビニエンスストアで日本との違いを発見してみるのも面白いと思います。

 バンコクの熱い夜は続きます。日本式バーウットボール(スクンビットソイ53 BTSトンロー駅前)は連日のように賑わっています。WOOD(木)BALL(鞠)で”きまり”です。90年代前半に某ゲーム雑誌で誕生した言葉で、当時は、「○○は◎△でウッドボール(キマリ)!」と使われていました。そう、「バンコクの夜はウッドボールで”キマリ”!」なんですね(ややこしい?)。

 オーナーのとっぴーさんは、雑誌の対談連載を持ったり、タイのテレビや映画にも登場するという有名人です。写真はトンロー店の以外にもバンコクにはタニヤ店とプロンポン駅前のスクンビットソイ33/1に現在3店目がオープンへ向けて準備中です。グループ店に金沢ゴールドカレーがあります。2013年10月20日はタイ国外1号店となるプノンペン店(カンボジア)がプレオープンしています。

 日本人だけでこれだけ集まることもすごいですが、とっぴーさんの引き寄せる人柄の賜物なんだと思います。

 その後は、久しぶりに中華街(ヤワラート)へ行くためにフワランポーン駅(バンコク中央駅)を訪れています。2001年初めてバンコクへ来た時に駅1階のKFCで食事をし、中華街の窓なしホテルに宿泊したことを思い出します。フワランポーン駅については別の機会でまたご紹介します。

慶次郎

出典
外務省 日本から訪問者が多い海外の国・地域 日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数・出国日本人数」2012年

タグ:

この投稿は 2013年10月21日 月曜日 12:48 PM に 公式ブログ カテゴリーに公開されました。
カテゴリー
タグクラウド
アムステルダム イベント・交流会 クアラルンプール コーク シカゴ セブ ソウル ダラス ハノイ バンコク フランクフルト プラハ ホーチミン マカオ マニラ ロサンゼルス 丹東 大連 深セン 瀋陽 都市ポータル 香港
アーカイブ
RSS