ユーロ金融中心地はヨーロッパ屈指のハブ空港も持つドイツ・フランクフルト

ユーロ金融中心地はヨーロッパ屈指のハブ空港も持つドイツ・フランクフルト

 こんにちは、理事の慶次郎です。10月21日からドイツの金融都市フランクフルトへ行ってきました。

 実はこれが人生初の欧州です。ヨーロッパ2大ハブ空港で知られるフランクフルト国際空港(正式名称はフランクフルト・アム・マイン国際空港)は、本当に広くて複雑で迷子になります。しかし、この空港のすごさは、地下に乗り入れている地下鉄を使えば、中心部まで20分ほどと福岡並に交通の便がいいことです。

 空港から乗り換えなしで約20分で到着するのが、フランクフルトの鉄道の拠点となるフランクフルト中央駅です。1883年に建てられた同駅は、重厚なバロック建築で立派ですが、あまりにも駅や駅周辺の治安が悪くて閉口しちゃいます。早くもヨーロッパの洗礼を浴びせられた感じです。

 フランクフルトは、地下鉄、地上には路面電車やバスが充実しているので初めて訪れる外国人にとっては非常に便利です。しかし、驚くことにドイツでは、改札がありません。つまり、切符なしでも電車へ乗れます。信用乗車方式と呼ばれるこの方式は、初体験です。これを中国で実施したらと想像すると・・・です。

 中央駅から路面電車で10分ほど走ると、ユーロの金融中心地である欧州中央銀行がある金融エリアがあります。それを過ぎると旧市街レーマー広場があり、まるでゲーム「ドラゴンクエスト」の世界が飛び出してきたような風景を楽しむことができます。

 この日は少し肌寒かったのですが、ライン川周辺の樹木はきれいに紅葉しています。また、フランクフルトの名物はリンゴ酒だそうです。今回は、飲むことができなかったのですが、少し郊外へ行くと、新鮮なリンゴ酒が飲めるバーやレストランが多くあるそうです。

 ちなみに、フランクフルトで在留届を出している日本人は約3,000人で、日本人の集まりやイベントなども盛んだそうです。観光や出張などの短期滞在の人を合わせるとその2、3倍の人数はいると思われます。また、日本語のフリーペーパーも数誌あり、記事ではドイツ政府を批判する内容などもあり、ドイツらしさを垣間見ることができます。

 今度は、フランクフルト中央駅からICE(ドイツ版新幹線)へ乗ってフランスなど周辺国へも行ってみたいものです。

タグ:

この投稿は 2012年10月30日 火曜日 6:37 PM に 公式ブログ カテゴリーに公開されました。
カテゴリー
タグクラウド
アムステルダム イベント・交流会 クアラルンプール コーク シカゴ セブ ソウル ダラス ハノイ バンコク フランクフルト プラハ ホーチミン マカオ マニラ ロサンゼルス 丹東 大連 深セン 瀋陽 都市ポータル 香港
アーカイブ
RSS