温暖な風が心地良い世界一日本人が住むロサンゼルス(LA)は巨大多民族都市

温暖な風が心地良い世界一日本人が住むロサンゼルス(LA)は巨大多民族都市

 こんにちは、理事の慶次郎です。昨年2012年6月12日(日本時間)からアメリカ西海岸を代表する大都市ロサンゼルス(LA)を訪れさせてもらっています。

 ロサンゼルスといえば、映画の聖地ハリウッドやリトルトーキョー、野茂英雄投手が活躍したメジャーリーグのドジャース、グランドキャニオンなどで知られる全米で2位の都市です。とにかく広いです。LAの面積は北海道とほぼ同じ大きさです。

 外務省の海外在留邦人数調査統計(平成 24 年速報版)では、在留邦人数で世界1位、長期滞在邦人数で2位となっています。また、LAは特に車社会のため自動車がないと移動が大変なのですが、レンタカーサービスなどが豊富にあり、多くの日本人も気軽に利用しています。

 日本人コミュニティも大きく、日本語だけで生活できてしまうとも言われています。同市南部にはガーデナと呼ばれるエリアがあります。名称の由来は、かつて日本人の庭師が多く住んだことに由来しています。このガーデナには、ロサンゼルス唯一のブックオフがあります。また、同じ区画内に日本食材や雑貨などもあるスーパーもあり日本と同じような生活環境をそろえることができます。

 ブックオフは、店員さんは全員日本人、販売している本は8割ほどが日本語書籍、2割ほどが英訳版の書籍で構成されています。店員さんへお話を聞くと、ほぼすべての本を同店の買取だけで在庫を補充しているそうです。それだけ日本人が多いってことなんですね。

 日本語のフリーペーパーや新聞も複数発行されています。日本人が多く宿泊するホテルや日本料理店などで手に入れることができます。

 特にLAは、地理的にヒスパニック系やアジア人居住者が多く、台湾コミュニティやフィリピンコミュニティなどもある多民族都市です。 ロサンゼルス国際空港(LAX)内のアナウンスは、英語とスペイン語が順番に流れています。以前、空港内で電話ができずに冷汗かいて慌てふためいている時に、哀れんでくれたのか、フィリピンの人が携帯を貸してくれて助けてくれました。海外で困っている時に助けてもらうと日本での数十倍は嬉しく感じるものですね。

 今までLAには、合計4度訪れたことがありますが、今回は2年ちょっとぶりの訪問となりました。中学の地理の授業でロサンゼルスはアメリカなのに地中海性気候だと習ったことを思い出す心地良いカルフォニアの風が気持ちをワクワクさせてくれます。

タグ:

この投稿は 2013年3月10日 日曜日 2:37 PM に 公式ブログ カテゴリーに公開されました。
カテゴリー
タグクラウド
アムステルダム イベント・交流会 クアラルンプール コーク シカゴ セブ ソウル ダラス ハノイ バンコク フランクフルト プラハ ホーチミン マカオ マニラ ロサンゼルス 丹東 大連 深セン 瀋陽 都市ポータル 香港
アーカイブ
RSS